Curriculum カリキュラム

声楽専攻

Voice

歌うことで感情を伝えることの素晴らしさを、歓びを。

呼吸法、発声法など「歌う」ことの基礎から見つめ直し、喉と身体を上質の楽器に仕上げ、適切な声の使い方、表現法など「歌う」ためのテクニックの習得を目指します。
きめ細やかな個人レッスンに加えて、イタリア歌曲、ドイツ歌曲、フランス歌曲、日本歌曲のクラス授業があり、幅広いレパートリーを身につけることができます。オペラ基礎演習、オペラ実習のクラスでは、演技も学び、学内オペラ公演も経験できます。

  • Point 01

    きめ細やかな個人レッスンから「歌う」ためのテクニックの習得と表現力を養う。

  • Point 02

    充実したレッスン、多様な授業を通じて、多くの音楽と触れ合え、幅広いレパートリーを身につけられる。

専攻の特長

  • Feature 01

    豊富な発表の機会

    本格的衣装をまとったオペラ公演、フルオーケストラとともに出演する定期演奏会、ソロリサイタルと、発表の機会が多く設けられています。

  • Feature 02

    プロの技術を間近に感じられる

    オペラの授業では、オペラ界でトップを走る男性が助演として学生をサポートするなど、プロの技術に触れる機会も多くあります。

  • Feature 03

    本場の指導法や環境に触れられる

    認定留学制度でザルツブルグにあるモーツァルテウム音楽大学で学ぶことも。本場の指導法や環境に触れ、一回り大きく成長できる機会です。

ピックアップ カリキュラム

  • Vocal Music Practice

    声楽実技

    あなたの持つ感性を声で表現する

    きめ細やかな個人レッスンで、あなたの持つあなたの感性を声で表現します。心を、風景を、歌の中で自由自在に表現することを目指します。そのための呼吸法、発声法などの訓練を行い、喉と体を上質の楽器に仕上げていきます。

  • Vocal Ensemble

    声楽アンサンブル

    美しいハーモニーを生み出す技術を修得する

    歌曲、宗教曲、オペラより選曲した二重唱、三重唱などのアンサンブル作品を学びます。お互いに聴き合い、息を合わせ、美しいハーモニーを生み出す技術を修得します。

  • Opera Training

    オペラ実習

    演技や舞台上での動きと音楽との関係を学ぶ

    オペラ基礎演習、オペラ実習のクラスでは、演技や舞台上での動きと音楽との関係を学びます。オペラ界で活躍するプロの男性助演と共演し、学内オペラ公演で「フィガロの結婚」を発表します。

教員ピックアップ

  • 松本 薰平 教授

    担当
    声楽実技

    東京藝術大学卒業。オペラ「ラ・ボエーム」のロドルフォでデビューし、その後「蝶々夫人」ピンカートン、「椿姫」アルフレード、「リゴレット」マントヴァ公爵、「トゥーランドット」カラフ、「トロヴァトーレ」マンリーコなど、イタリアオペラを中心に主役を演じている。ルーマニア、トゥルグムレシュで開催された「冬の音楽祭」ではオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」(演奏会形式)のトゥリッドゥ役で出演し、好評を得る。
    平成13年度兵庫県芸術奨励賞、平成16年度神戸市文化奨励賞、平成20年咲くやこの花賞、平成22年度神戸キワニス文化賞ほか受賞。関西二期会会員。

  • 古田 昌子 准教授

    担当
    メゾ・ソプラノ

    神戸女学院大学音楽学部卒業、同研究生修了。チューリッヒ音楽大学、ビール音楽大学オペラスタジオの両校を演奏家資格を取得して卒業。スイス政府留学生芸術奨学金を獲得。歌曲解釈をアーウィン・ゲージ氏に師事。在学中からスイス各地でコンサートのソリストとして活動し、ビール市立歌劇場とソリストとして契約。「皇帝ティトの慈悲」セスト、「コジ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ、「アンナ・ボレーナ」ジョバンナ、「マリア・ストゥアルダ」エリザベッタ、「メデア」(ケルビーニ)ネリス、「ドン・キホーテ」(マスネー)ドゥルシネア、「真夏の夜の夢」(ブリテン)ハーミア他、多くの役を演じた。その後拠点をイタリア・ミラノに移し、イタリア・ベルギー・オーストリア等で研鑽を積みながら多数のコンサートやオペラ公演に出演。第8回A. カタラーニ国際コンクール現代オペラ部門第2位受賞。2000年に拠点をドイツに移しザクセン州立歌劇場合唱団に所属した。2018 年帰国。2020年2月関西二期会オペラ公演「カヴァレリア・ルスティカーナ」サントゥッツァ役で日本デビューし好評を博した。神戸女学院大学音楽学部准教授。関西二期会会員。

  • 松下 耕 特別客員教授

    担当
    作曲・合唱指揮

    1962年東京生まれ。作曲家、合唱指揮者。国立音楽大学作曲学科首席卒業。卒業後ハンガリーに渡り、合唱指揮と作曲法を学ぶ。
    作曲家として生み出している作品は、世界各地で演奏されており、国内外で出版が相次いでいる。これまでに、国内およびポーランド、リトアニア、中国、台湾において個展が開催され、中国深圳では深圳交響楽団によりオーケストラ作品の初演も行われた。
    同時に、東京合唱アライアンス〈耕友会〉芸術総監督として15団体の指揮を務め、各合唱団は精力的な活動を繰り広げ、ヨーロッパの数々の国際合唱コンクールにおいて、グランプリ等優秀な成績をあげている。
    一般社団法人東京国際合唱機構代表理事。耕友会芸術総監督。東京国際合唱コンクール総合プロデューサーおよび芸術監督。軽井沢国際合唱フェスティバル総合音楽監督。日本国際合唱作曲コンクール芸術監督。イタリア合唱指揮者協会名誉会員。アジア合唱協会創設理事。Interkultur World Choir Council 日本代表評議員。東京都合唱連盟副理事長。日本合唱指揮者協会会員。神戸女学院大学特別客員教授。

時間割サンプル

  • 1年次
  • 2年次
  • 3年次

卒業生の声

卒業生インタビュー

あなたのストーリーここにあります。

卒業生がキャンパスで
日々どのように過ごし、
どんな出会いをしてきたのか。