トピックス

【産学連携】エレガーノ西宮で斉藤言子名誉教授による講演会を開催しました!

神戸女学院大学は住友林業グループのスミリンケアライフ(株)と、2020年3月に産学連携協定を締結しました。同社が運営する高齢者入居施設「エレガーノ西宮」(西宮市)で、音楽学部の学生と教員が、入居者の皆様と交流を深めながら、様々な音楽プログラムを展開する取り組みです。

2022年6月13日(月)「エレガーノ西宮」で、斉藤言子名誉教授(ソプラノ)と蜷川千佳非常勤講師(ピアノ)による講演会を開催しました。

「音楽で世界各地をご一緒に巡りませんか?」というタイトルで、夏の思い出(日本)、夢路より(アメリカ)、ローレライ(ドイツ)、サンタルチア(イタリア)、愛の讃歌(フランス)等の、世界各地の歌8曲が披露されました。プッチーニのオペラ「蝶々夫人」から<ある晴れた日に>のアリアに続き、後半は「みなさまの想いと共に」と題し、歌い継がれる名曲「遠くに行きたい」「夜明けの歌」「小さな空」「マイ・ウェイ」「すべての山に登れ」「空よ(翼を広げて)」全6曲が歌われました。

軽快なお話と、歌詞から目の前に情景が広がるようなダイナミックな表現力溢れる演奏に、多くの入居者の方々が聞き入っていらっしゃいました。

音楽学部では、今年度は6回、学生による演奏会を同施設で行う予定です。

※ステージの前にパーティションを立てる等、感染対策を講じて開催しました。